コンベヤ 物流搬送機器 パレタイザの不二技研工業株式会社

 

 
 
 
 

Vertical Sorter

新しいタイプの垂直搬送機 Vertical Sorter

Vertical Sorter(バーチカルソーター)は、垂直方向に製品を搬送しながら製品をソート(仕分け)する装置です。通常の垂直搬送機は、往行タイプ(エレベータのような動き)か連続型(エスカレータのような動き)で製品を上か下に運びます。エレベータのような動きをする機械としてパレット系の昇降搬送をリフコン、ケース系の搬送をファインリフトと言う商標で呼びます。エスカレータのような連続搬送を行う機械をコンベレータと呼びます。これらの垂直搬送機は、それぞれ使う用途によって選びますが、ある階から別の階に自由に移動できるのがエレベータ。1つ上の階、1つ下の階にしか行けないが、連続して大量の物量が運べるエスカレータです。リフコン、ファインリフトとコンベレータも機械構造により用途が異なります。それぞれ特化した特徴があり、欠点があります。バーチカルソーターは、そのような往行と連続の良い特徴を兼ねる新しいタイプの垂直搬送機です。

省スペース設置の新しいタイプソーター Vertical Sorter

ソーターは、工場の中で場所をとる。工場や倉庫で仕分け作業を行うことはしばしばあります。1ラインに複数種類の製品が流れ、バーコードやICタグ、順立て情報を基に仕分ける機械です。仕分け能力を得る為に高速で製品を搬送し、各々のステーションで製品を振り落とします。このような作業を行う為にソーターの本体及び振分先のコンベヤは工場・倉庫内で広大な場所を必要とします。垂直型ソーターのバーチカルソーターは、ソーターでありながら床面積が少なくて済み、工場・倉庫の天井高さまでの空間で振分を行います。

Vertical Sorterの基本構造

 

バーチカルソーターの構造を説明します。
バーチカルソーターのメイン構造は、本体内で回転しているキャリッジ付きチェン。製品を挟んで両脇にチェンを垂直方向に通し上下にスプロケットを配置してモータで駆動します。チェンが回転するためにチェンに取り付いたキャリッジ(SUS板)が次々と上昇し、製品を抱え揚げます。上昇の場合は、最下部で掬った状態でチェンを巻き上げ1ピッチ上昇します。次の製品をコンベヤで導入し、また1ピッチ上昇します。それを繰り返して製品は1ピッチづつ上昇していきます。上昇した製品は、振分先コンベヤのところに来たときプッシャで押されコンベヤに乗移ります。図の3間口が有る場合、一番上で押すか真ん中か、一番下で押すかで出て行く製品の振分を決めることが出来ます。払い出し間口が1つしかない場合、連続搬送垂直搬送機と同様の用途で使うことが出来ます。

Vertical Sorterの多様性

バーチカルソーターは様々な使い方を想定した機械です。私たち開発したメーカー側もその使い方の応用幅を未だ把握できていない状態です。例えば、ある2階建て倉庫に3種類のラインがあり、それぞれ垂直搬送機で1Fへ降ろしているとします。もちろん3つの床開口が必要であり、3台の垂直搬送機が必要です。またそのコンベヤラインは、各々の方向より連なります。
 これをバーチカルソータでまとめると、垂直搬送機が1台になります。開口も1箇所になります。3種類の製品を2Fで投入し、1Fで3種類に分けることが出来ます。また、2Fで予め合流を繰り返し1本でバーチカルソータに投入し、1Fで3種類に分岐することも出来ます。そうすることにより2Fのコンベヤが3式から合流を含む1式になり非常にシンプルなライン構成にすることが可能です。

バーチカルソータは、連続型の垂直搬送機としての機能から振分を主とした機能まで様々な用途で使うことが出来ます。一般的な垂直搬送機で表現されるC型・Z型など間口の方向を示す表現で左の表にまとめました。バーチカルソータの特徴として、C型とZ型で能力に変わりが無いということも大きな特徴のひとつです。レイアウト性の向上は利点の一つとなります。

 

 

Vertical Sorterは高能力

これまで説明した高性能、多様性を根底で支える大きなファクターとして、能力が挙げられます。多数のラインから流入する製品を処理する為には、高い処理能力が求められます。
 バーチカルソータは、これまでの垂直搬送機に比べて非常に高い搬送能力を実現しました。その理由は、バーチカルソーターの構造より導入と払い出しが同時に行われること、連続的な動作で処理が出来ることにあります。
 また、昇降のモータにサーボモータを採用することにより搬送する製品に与える衝撃もおさえることが可能になりました。

 

 

 

垂直搬送機 機能・性能比較 

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成