コンベヤ 物流搬送機器 パレタイザの不二技研工業株式会社

 

 
 
 
 

フェイスデパレタイザ

デパレタイザってなに?

パレットに積載された製品をパレットから取り出し、コンベヤラインに乗せる機械。パレタイザの逆動作なのでデパレタイザと呼びます。パレタイザは、製品コンベヤ上で製品の位置を決めロボットや機械で積み付けるパレットに合わせてパターンを作るが、デパレタイザは、予め積み付けられた製品をパレットから取り出すので、製品の積み付け精度やパターンの認識など外乱が多く、パレタイザに比べ、技術的に非常に難しい。一般的なデパレタイザの方法は、フジエースなどロボットによるデパレタイザ、大型の機械装置により一層づつピックアップする方式の2通りある。ここでは、機械装置により一層づつピックアップする。フェイスデパレタイザを紹介する。

フェイスデパレタイザの紹介

大手配送センターに納入されたフェイスデパレタイザ。地上をパレット用コンベヤが走り積載した製品を供給する。架台上に製品コンベヤがあり、切り出した製品を整列して払い出す機能を持つ。

4方よりクランプ装置が製品を挟み込み1層分を掴んだ状態で、パレットを含み上から2段目以下を下降させる。1段目と2段目の間にスクレーパーを導入し、クランプを開放、1層目の製品がスクレーパーの上に置かれる。クランプの1辺を上昇させスクレーパと製品をクランプ部から取り出す。後は、製品を横一列づつ切り出しコンベヤラインで払い出す。


 

 

デパレタイザの機器構成

 デパレタイザの用途

デパレタイザは、パレットから製品を取り出し、コンベヤラインで搬送し、整列することをさします。
パレット単位で製品を運用しなくなるときにその用途があります。
<運用例>
製品を製造し、ある一定期間保管する場合の保管効率を上げるためにパレット積みして保管します。
ただ、出荷は個別に行う為積み付けた製品をデパレする必要があります。

・量産されパレット積みされた製品が入庫する配送センター。出荷する形態は、各お店に対し個別配送。パレット積みされた製品をデパレし、各お店に仕分けして出荷します。

パレットチェンジャーとしてのデパレタイザ。屋外用パレットから屋内用パレットに入れ替える場合、一般的なパレットチェンジャーでは、出来ない場合。デパレタイザを行った上で、また、別のパレットへ積み付ける作業を行う。

 

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成